10月18日(日)浅間嶺

メンバー 10名

コース 武蔵五日市—バス—上川乗~登山口~浅間嶺(903m)~そば処みちこ(昼食)~払沢の滝~バス—瀬音の湯—バス—武蔵五日市 解散

本日の10月定例山行は台風の影響で1週間順延して実施となりました。この数日雨模様で、特に昨日は終日本降りの雨で、今日も雨が残るかと心配したものの、朝から太陽が顔を出し良い天候の下のんびりハイキングが出来ました。

今回のコースはリーダーが趣向を凝らし、山歩きだけでは無く、TVのポツンと一軒家で何度か放送されて有名になった「そば処みちこ」に昼食で寄り、東京にある唯一の日本百選「払沢の滝」、帰りには瀬音の湯(温泉選挙のうるり部門で過去日本で一位に選出された温泉)という盛り沢山の行程です。

新宿発6:46のホリデー快速あきがわ1号で武蔵五日市駅に7:55着 都民の森行バス8:10発ですが、密にならないように臨時バスも運行で余裕の乗車数で上川乗バス停に到着。今回会員として初参加のメンバーも居るので自己紹介をして出発。歩き始めて少し歩くと、いきなり野生のボス猿が現れ驚くと、向こうも驚いて威嚇して来るが逃げ足早く去って行った。この辺りの柿を狙っているようだ。浅間嶺に到着してススキの間からの山々が綺麗の見えた。浅間嶺で各自が持参のおやつやお菓子などを頂いて、おやつタイム。昼食を予約しているので、到着時間に合わせて時間調整しながらゆっくり歩き、そば処みちこ(瀬戸沢)に蕎麦の数(ざるそばor暖かいそば)を電話でオーダー。途中で電波の関係で何度か掛けたが中々つながらない中やっと繋がったという感じでした。浅間嶺から小一時間ほど歩くと突然山の中に大きな古い屋敷が現れる。水車が回って大きな古民家という感じです。中も広く囲炉裏があったり、野外席があったり、とてものどかでゆったりした屋敷でお蕎麦を頂く。山菜の天ぷらもお蕎麦も美味しく頂きました。七味唐辛子が自家製で、これまた超美味でした。ポツンと一軒家という人里離れた場所だと思いきや、そこから5分ほどの場所まで林道が通っていて車でもかなり近くまで来れるという立地です。TVの影響もまだ残っているようで、その駐車場に車を停めた客さんがひっきりなしにお越しでした。お店の方の対応もとても親切で良い感じでした。今は日曜と祝日しか営業はしていないとのこと。本日はみちこさんもいらっしゃいました。

そこから林道と登山路を両方を通って払沢の滝へ向かう。滝の近くの駐車場に多くの車が列をなしているほど人気の滝で、桧原村での観光ポイントという感じです。滝は見事でした。昨日までかなり雨が降ったせいもあり滝の水量が多いので迫力のある日本百選の滝を見ることができました。そこから近いお豆腐屋さんで豆乳を飲んだりしてバスを待ち、一部は帰路、一部は瀬音の湯で汗を流して武蔵五日市まで戻って解散となりました。

本日は山の高低差はそんなに無いので楽な山行でしたが、トータルでは25000歩以上歩いており良い運動になりました。山歩きに、名物のお蕎麦に滝への散策に温泉と色々盛り沢山の定例山行となりました。しかも天候に恵まれた良い山日和でした。皆さまお疲れ様でした。